おでこ脱毛で人気のデザインをご紹介します!

外国人女性モデル

エステやクリニックで好きなおでこにしてもらう

自分のおでこの形に自信がある人って少ないのではないでしょうか。

 

顔のバランスが良く、おでこが広くてきれいな女優さんは多いですよね。

 

「キレイなおでこは美人の印!どうぜなら芸能人のようなおでこになりたい。」
そんなあなたのために、おでこ脱毛でもデザインの相談にのってくれるエステサロンやクリニックもあります。

 

髪の毛の脱毛や骨格や輪郭に合わない場合はことわられることもあるので、希望通りに行かないこともあるかもしれません。
おでこの形が違うだけで顔の印象もガラリと変わるものです。

 

以下ではオススメのおでこのデザインを紹介しますので、おでこ脱毛する際の参考にしてみてください。

 

おすすめのおでこのデザイン3選

丸額

丸額

 

安室奈美恵さんや堀北真希さんのような丸くアーチを描いたおでこです。
美容外科でも「安室奈美恵さんのようなおでこにしたい」という人は多いそうですよ。

 

愛嬌があり、親近感がわくデザインです。

 

富士額

富士額

藤原紀香さんや吉永小百合さんのような、おでこです。
真ん中の部分がハート型のように凹んでいて、おでこ全体を見ると富士山のようなラインになっています。

 

富士額は上品で家庭的なイメージです。
着物に似合うおでこで、昔は美人の条件と言われていました。
浮世絵の美人画でも定番ですね。

 

ですが最近では和装する人が減り、逆に昔っぽい印象を与えてしまうので、「富士額を治したい」という人もいます。

 

M字額

M字額

 

富士額に少し似ていますが、全体に山型の富士額と違って左右が広く四角に近いのが特徴。
芸能人でいうと桐谷美鈴さんや板野友美さんがあげられます。

 

頼れるイメージで、知的な印象を与えます。
生まれつきこの形の人は、その形を活かして形を整える脱毛をして、チャームポイントにすると◎。

 

おでこのデザインで失敗しないコツ

デザインする時は慎重に!希望の範囲より狭めに、あとで自分で微調整

エステサロンやクリニックでの脱毛は、一度やってしまうと変更が効きません。
なのでデザインを決める時は慎重にしましょう。
髪型シュミレートアプリを使うのもいいですね。

 

芸能人と同じ形にしても、全体のバランスや自分の骨格に合わないこともあります。
また、やり過ぎると顔が大きく見えたり、はげて見えてしまいます。

 

失敗しないコツは、希望よりも一回り狭く脱毛して、自分で電動シェーバーで微調するという方法です。

 

これなら飽きた時いつでも元に戻せますよね。
まずは一度カウンセリングで相談してみましょう!

 

>>おでこ脱毛でおすすめのお店はこちら