ケノンでおでこ脱毛お考えの方に情報まとめました!

ケノンでおでこ脱毛できるの?

 

「エステでおでこ脱毛したいけど、通うのがめんどうくさい・・」
「家庭用脱毛ケノンでおでこ脱毛できる?」

 

楽天やYhaoo!ショッピングなど通販サイトで売上ナンバーワンの日本製家庭用脱毛器「ケノン」
自分でエステサロンと同じ光脱毛ができる、ということで、誰でも一度は「ほしい!」と思ったことがあるのでは?

 

そんなケノンでおでこ脱毛はできるのでしょうか?
また使う上で注意点は?

 

気になるケノンのおでこ脱毛についてお話しします!


ケノンのおでこ脱毛は自己責任

まずケノンの公式では、顔で脱毛できるのは口周りのみとなっています。
だから、おでこにケノンを脱毛目的で使うのは完全に自己責任(メーカーは保証しない)となります。

 

しかしケノンはとても優秀な家庭用脱毛機なので、自己責任でおでこに使っている人は意外といます。
以下の情報は、自己責任でおでこ脱毛を行う場合の話になりますので、その点よくご理解してから読み進めていってください。

 

ケノンについておさらい

ケノンのメリット

ケノン

  • エステやクリニックの予約が取れないというストレスがない
  • 自分のペースでできるので最短6ヶ月ぐらいで完了できる
  • 回数が増えても追加契約などコストの心配なし
  • 他の部位に使えたり、家族と共有できる
  • 美顔器としても使える

 

ケノンのデメリット
  • デザイン・仕上がりがイマイチになる可能性大
  • やけど・肌荒れのリスクがある
  • 保湿などアフターケアも自分で行う必要がある
  • エステに比べると出力が弱いので効果が出にくい
  • 部分脱毛の場合は割高(エステやクリニックのほうが安い)

 

ケノンは自宅で手軽にできるので、エステに通うのがむずかしい人や、大変だと感じる人にとっては便利なアイテム。
自分のペースで脱毛できるというのも魅力です。

 

その反面、全て自分で行わなければいけません。
何かあった時も結局は自己リスク・自己負担になってしまいます。

 

コストも69,800円(税込)なので、当面おでこの脱毛だけいうことなら、エステサロンやクリニックのほうが安上がりです。

 

ケノンを使った脱毛の仕方

ケノンの基本の使い方はクーリング ⇒ 照射の繰り返しです。

  1. 脱毛する範囲を決めます。脱毛する所は事前にシェーバーなどで剃っておきます。
  2. 髪の毛をヘアバンド等でしっかり覆います。まゆげはシールなどで保護しておくと安心です。
  3. 脱毛する所をクーリングパックで冷やします。サングラスで目を保護します。付属のサングラスの他、手持ちのものを使っても問題ありません。
  4. 終わった後はローションや乳液、クリームなどでしっかり保湿します。

 

顔がこげている女性

ケノンを使う時の注意点

髪の毛がかかるところはしっかりカバーしておきましょう。髪の毛に照射してしまうと毛がチリチリになったり、フラッシュパネルに毛が焦げ付いたりする恐れがあります。

 

脱毛した後は肌は思った以上に乾燥します。
エステサロンではアフターケアをやってくれますが、ケノンの場合は自分でしっかりケアしましょう。

 

ケノンの口コミ

ケノンの口コミ

ケノンの脱毛って効果あるの?本当に顔に使って大丈夫?ということでケノンのの口コミを集めました!

 

「顔に使えるか不安でしたが、大丈夫でした。使っていても痛くありません。

 

2回目から毛が抜けてきてビックリしました。肌がきれいになった気もします。これから使い続けるのが楽しみです。」

 

「1回目が終わってから、事前処理がいらなくなりました。毎日顔そりが必要なくらいムダ毛があったのですが、お手入れがいらなくなりました。化粧水などの浸透もよくなった気がします。まゆ毛の下もやりたいけど、さすがに眼球の近くはムリですね。」

 

他にも「化粧崩れしにくくなった」「同じファンデーションを使ってるのにワントーン明るくなった」などの口コミが見られました。
おでこの脱毛は美容的にもメリットが高いんですね。

 

ただ、やはり前髪などおでこの形を変える時や、眉毛周辺など目の近くはプロにお任せしたほうが安心です。
エステサロンやクリニックでは、ケノンよりも安くおでこ脱毛や顔脱毛を提供しています。

 

やはり顔に関わることはプロに任せると安心です。
おでこ脱毛のおすすめエステサロンやクリニックはコチラで紹介しています。↓↓

 

 

>>おでこ脱毛におススメのエステサロン&クリニック